LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



ベルギービールバーの外国人ナンパ事情

35歳現在3歳の子供がいます。
独身の頃なので4年ほど前になりますが札幌駅近くのホテルの地下にありますベルギービールバーでカナダ人にナンパされました。
当時私は塾講師をしていて不規則なシフト制の職場でした。
その日はちょうど仕事が休みでかなり明るい時間からお酒を飲んでおりそのベルギービールのバーは3軒目か4軒目だったと思います。また私が1人で飲み歩くのが好きなので、その日も1人カウンターで飲んでいました。

カナダ人は普通に日本語がしゃべれる日本在住の人でかなり若く見えたのですが40歳と聞き驚きました。商社で働いていると言うことです。

私は特に美人な方ではなく日本人には全くモテませんが、ロングの黒髪でいかにも日本人的な顔立ちなので日本人らしさを求めている外国人には声をかけられやすいのかもしれません。

これも作戦だったのかもしれませんが気がついたら隣の席に座っており、君を飲んでいるお酒がおいしい?頭いいような内容で話しかけてきたのが最初のアプローチでした。
私はそのバーは行きつけだったのでお勧めのお酒などを紹介しているうちに自然と会話が弾みました。

ナンパだと全く気がつかず30分ぐらい話していましたが、ボディータッチが出てきたところで何かだと気がつきました。

その日は連絡先を交換して別れましたが札幌には出張で来ていただけだったようで、その後はほとんど連絡を取っていません。

カナダのバンクーバー留学※日本人女性がモテるのは本当だった!

私が大学一年生の時のホームステイでカナダのバンクーバーにいったときのことです。

私の他に一人の女の子、四人の男の子、それとホームステイ先の男性合計7人でドライブをしていました。

途中にたまたま綺麗な湖があったので荷物に積んでおいた水着をきて、みんなで湖に入りました。

そのメンバーとは元々そこまで面識もなく、ホームステイ初日だったこともありなかなか打ち解けられずに一人で湖の周りをウロウロとしていました。

そこは無名の湖でしたがとても綺麗な緑の透き通った湖で、地元の人には人気なのか私たち以外に五組くらいの人たちが湖で遊んだりバーベキューをしたりしていました。

そんなとき、一組四人の男性のグループが私の少し先まで近寄ってきました。

なんだろうと思っていると、一人の170センチくらいの茶髪の金色の中間くらいの髪の人が話しかけてきました。

その人は片言の日本語で
日本の女の子かと聞いてきました。

そうです、と答えると日本の漫画大好きです。○○がすき、と返ってきました。

私は外人に慣れてないこともあり警戒していましたがその○○が私の大好きな漫画だったこともあり、二人で岩に座って話しました。

その人は「ナサニエル」と言って同じ年の大学生でした。

ナサニエルの友達はいつのまにかいなくなっていました。

そこで私たちは電話番号を交換して別れました。

ホームステイ先にいる間、何度か電話をしてそれはホームステイ先から帰ったあとも続きました。

今もたまに連絡をとります。

その人以外にもホームステイ先では何人かに声をかけられ、そのたびに

日本人の女の子かと声を聞かれました。

日本人の女の子がモテるというのは

本当なのだなとわかった出来事でした。

渋谷にあるバー「ハブ」で外国人(アメリカ人)にナンパされてみた!

渋谷にあるバー「ハブ」で、スーツがお似合いなアメリカ人二人に声を掛けられました。

大学生のころ、渋谷に良く遊びに行っていましたが、ある夜、女友達と二人で外国人がたくさんいるバーに行ってみようということになりました。

そこで、以前友人から勧められたハブというバーに行くことになりました。

センター街の中心にあり、迷うことなく入り口のドアを開くと、外国人でたくさん溢れていました。本当にここは日本なの!?と思うほど、外国人の方(西洋人)がたくさんいて驚きました。

私と友人は、あまり英語が話せるわけではないですが、とりあえず雰囲気だけでも味わえればいいかなと、店の奥にある二人席にひとまず落ち着きました。飲み物と簡単なつまみを頼んで二人で話していると、二人組みのアメリカ人に声を掛けられ、飲み物を奢ってくれるとのことだったので、一緒のテーブルに移りました。二人とも好青年という感じで、スーツ姿がきまっていました。私と友人はとても盛り上がり、このままいい感じになったりしてと妄想してました。12時くらいになったところで、終電がないことに気づき、どうしようかと悩んでたところ、アメリカ人の二人にこれからクラブに行くけどどうかと誘われ、一緒に行く流れになりました。

お酒も入っていたせいか、すごく盛り上がり、翌日はどうやって家に帰ったのか記憶にありませんでした。かといってやましいことが起こったわけではなく、ただ単に楽しい時間を一緒に過ごしたかっただけだったんだなと、自分に言い聞かせました。後で知った話ですが、同じような手口で日本人女性に近づき、お持ち帰りするパターンがよくあるみたいでした。自分じゃなくてほっとしました。

女のグアム旅行※ディナーの場所はナンパ師に聞く!海外外国人ナンパ事情

20歳の頃に女性の友人と2人でグアムへ旅行に行った際に、海軍の男性に声をかけられて一緒にディナーを楽しんだりしました。

初めてのグアム旅行たったのですが、ディナーを食べる場所などを全く決めておらず、その日の夜はDFSの周りを歩いていました。

すると2人組の外国人が話しかけてきたので、ディナーの場所を探していると伝えると、僕たちも探していたから一緒に行こうとゆう話になり行きました。

最初はどこに連れて行かれるのかとヒヤヒヤしたのですが、ちゃんとしたレストランに連れて行ってくれました。

彼は26歳でアジア系アメリカ人でした。出身はカリフォルニア州で、今は仕事でグアムの基地に居るんだと言ってました。

可愛い可愛いとたくさん言ってくれるので一緒にいて気分が良いし、全てがレディファーストで、外国人の男性は素敵だなと初めて思いました。

ディナーの後はタモンビーチを歩いて散歩をしてゆっくり過ごし、私たちはホテルに戻りました。

私たちは明後日の帰国だったのですが、彼は明日は仕事でもう会えないと言い、メールアドレスを紙に書いて渡してくれました。

連絡をしてほしい、待っているねと言われましたが、私には彼氏が居たので連絡をすることはありませんでした。

東京駅の意外な白人ナンパスポット※アメリカ人がエロい!

大学生の時のことで、東京駅で駅のホームにいたら後ろからアメリカ人(白人)に声をかけられました。見た目は20代後半くらいの雰囲気です。背が高い印象です。

英語話せますか?と英語で聞かれ、少し迷いましたが少しなら話せると答えたとおもいます。

するとすごい速さでバーっと話し出し、私は聞き取れなくてポカーンとしてしまいました。

すると察したのかその方はゆっくり話してくれました。何歳か聞かれ21歳と英語で答えると、私は高校生とよく間違えられるほど童顔だったため、えっ!?とビックリしたようでした。

その後に本当にそうなのかと何度も聞かれてそうですよ!と何度も言ってると冗談と思われたのかやり取りに笑ったのかわかりませんが、時折ニコッとしてくれてなんだか嬉しかったです。

その後、私は飲み物を買いに行ったりと用事があったのでその場を離れようとしましたが、その外国人の方が後ろからついて来てしまって、ちょっとまだ何かあるのかな?もしかしてナンパされてるのかなと思いましたが、これ以上英語に付いていけない気もするし相手の素性も分からないので手を振ってバイバイ!と分かりやすくジェスチャーしました。すると、ちょっと残念そうな顔した後、笑顔で(可愛かったです)手を振り返してくれました。お茶目な印象で面白かったです。

外国人にこんなに話しかけられるのは初めてでアメリカ人だと思いますが、けっこう格好良かったです。話す時に私が背が低いので屈みこんで目線を合わせてくれるので、ドキドキしました。英会話習いに行こうかなと思ったり、英語に興味が湧いてきた瞬間でもありました。嬉しかったです。またどこかで会えるといいなぁと帰りはその事ばかり考えてしまいました。

大阪の外国人英語教師に無料でレッスンを受けられる意外な場所とは?

大阪の阪急宝塚線の電車に乗っている時、アメリカ人の英語教師をしている男性に声をかけられました。

私の方が先に電車に乗っていて、そのアメリカ人は途中の駅から乗ってきたのですが、その時すきすきの車内だったにも関わらず明らかに不自然に私の少し隣に座ってきました。何か様子がおかしいなと思いながらも気にしないでいると、授業で使っているというテキストをおもむろに出してきて私に見せ、そのテキストの中の問題を解かせるように次々と話しかけてきました。

見た感じ陽気そうなタイプの人で、危険そうな雰囲気も無かったので私もそれに答えていました。10分ほど経って電車が終点に着いて私もそのアメリカ人の方も一緒に降りると、改札を出るまでに彼氏はいるのかとかどこに住んでいるのかなど色々聞かれたので、適当に返していました。

お茶でもしようと言われたのですが、彼氏がいることを伝えお断りしました。日本人に同じようなことをされたらかなり不快に感じると思うのですが、なぜかその時は嫌な感じもなかったのが不思議です。きっと性格がいい方だったのかなと勝手に思っています。電車の中で英語のプチレッスンも受けれたし、今となっては楽しかったいい思い出です。

英語のゲストティーチャーに口説かれた話※スキンシップが激しいインド人

インド人の男性に私が通っていた大学で口説かれたことがあります。

私は大学生の時,教育学部で英語教育の勉強をしていました。教育実習で小学生に英語の授業をすることになり,そのときにゲストティーチャーとして授業に参加してくださる外国人の方を大学で探していて,その男性に出会いました。はじめは私の方から声をかけました。その男性は快くゲストティーチャーの件を受けてくれました。その男性のおかげで授業はうまくいきました。

その男性は,顔は色黒ではっきりとした目鼻立ちのインド人らしい感じです。インドで社会人とし働いていてその後医学の勉強のため留学したそうで,私よりもかなり年上でした。(たしか30代前半)

授業後もその男性とごはんに行きました。英語の勉強になるし,とても気さくで良い方だったので,その方と友だちになれて私もとてもうれしく思っていました。しかしだんだんと私の家に来たがるようになり,「かわいい」とか言われたり,スキンシップをされるようになり,口説かれるようになりました。とてもいい人だと思いましたが,かなり年が離れていたし,外国の方は全く恋愛対象として見れなかったので,その方とはだんだんと距離をとってそのうち連絡をしなくなってしまいました。

精力満開のナイジェリア人に八千代緑ヶ丘駅のホームでナンパされてみたよ~ん!

仕事を終え、帰宅しようと八千代緑ヶ丘駅のホームで電車を待っているとじっと私を見てる人がいるような視線を感じでいました。そして横を見ると黒人の方が私の方を見て微笑んできたので、私も微笑み返しました。すると近くにきて何処へ行くのか聞かれたので、不慣れな英語で家へ帰ることを伝へました。

わからない英語は笑ってごまかしたり、何処の国の方かなど黒人の方と会話をしました。電車が来てからも隣に座って来てナイジェリア人の方と話していました。すると彼氏がいるのか聞かれました。いないと答えると電話番号とアドレスを教えて欲しいと言われ、断るのも少し怖く教えてしまいました。そしてその夜ナイジェリア人の方から電話がきて遊びにいかないかと誘われました。仕事も忙しかったり、2人きりで遊ぶのは英語もたいして話せないのでお断りしました。それから何日かしてからもメールや電話が頻繁にくるようになりました。何度か返事は返したものの、だんだん返事をしなくなってしまいました。優しそうな方でしたが、1度駅で話しただけなのにこんなに何度も連絡が来て少し怖くなってしまい、それから連絡を拒否するようになりました。また駅で会ったらどうしようとひやひやして通勤しています。

クウェート人男性の彼氏が欲しけれ六本木ヒルズ付近のナンパスポットへ!?

クウェート人に六本木ヒルズ周辺の通りにナンパされる方法?

ある日の仕事帰り、時間があったので六本木ヒルズ周辺を歩いていました。ある通りを横切ろうとした時、誰かが後ろから声をかけてきました。振り返ると、暗がりでよく分からなかったのですが外国人の男性で、ちょっと怖かったので気付かなかった振りをして逃げようとしましたが、その男性はすぐに追いついてきました。

その男性は再び私の近くで話しかけてきて、時間があれば少しコーヒーでも飲もうとのことでした。近くでその男性を見るとビシッとっスーツを着たビジネスマンと言う感じでちょっと警戒心が取れた私は、男性と歩きながらもう帰る旨を伝えると、すぐそこのスターバックスで一杯だけコーヒーに付き合ってと再び頼まれたので、一杯だけならということで一緒にスターバックスへ入りました。英語での会話だったので話はあまりはずみませんでしたが、彼は金融系の仕事をしていて横浜に一人で住んでいる。

千葉にも別荘があるから今度そこへ行ってイチゴを一緒に食べようとのこと。悪い人では無さそうだったので、なんとなく携帯番号を交換しました。後日彼からちょくちょく連絡がありましたが、私が遠くへ引っ越したり、返信しなかったりして、自然と連絡は来なくなりました。結局、初めて会ったのを最後に再び会うことはありませんでした。

笹塚の黒人留学生ナンパの方法※ロッテリアでチラチラ・・・

背の高い黒人に東京の笹塚のロッテリアの店内でナンパされた話です。

今から15年前に、私は東京の笹塚でアルバイトをしており、休憩時間に近くのロッテリアでお茶をしていました。

横を見ると、隣の席で何やら黒人の男性が日本人の女性と話し込んでいる様子でした。

どうやら黒人は留学生らしく、日本人女性とノートを見ながら、講義の内容について議論していました。

黒人は少しなまりがありましたが、日本語がすごく上手くて、自分はすごく勤勉で優秀なのだと思いました。

当時は東京に住んでいましたが、白人と違って、黒人はあまり見かける機会が無かったので、私もチラチラと隣の二人を見ていました。

すると、彼もこちらをチラチラ見だして、何度か目が合ったので、私は思わず微笑みました。

そうしたら、彼もこちらを見て、微笑んでくれるようになりました。

こちらは物珍しさと日本語の上手さに親近感を感じて彼を見ていましたが、どうやら自分に気があると勘違いさせてしまったようです。

それから約10分後に、黒人と一緒にいた日本人女性は用事があるようで席を立ちました。

女性が店を出たすぐ後に、彼は私に一緒にお茶をしたいと話をかけてきました。

実は私は黒人と二人で話す機会がそれまで無かったので、少し怖くなって、休憩時間が終わったフリをして席を立ちました。

そうしたら、黒人は私を追いかけて、僕は君と話したいという様な内容を英語で叫ばれました。

全く英語はわからない私ですが、強い気持ちがあると違う言語でも伝わってくると感じました。

それにしても、一緒にいた女性が居なくなった後、すぐに別の女性に声をかけてくる辺りが日本人男性とは違うと思いました。