2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


ベネズエラ美人※ベネズエラ人の彼女(美女)をネットで探す!

ベネズエラは美人大国として有名だよね。

スペイン語を勉強しているなら、スペインより、中南米の美女を狙ったほうがいいと思うんだけどね。

単純に、競争率が低そうだし。。。

国際交流サイトなんて、ほとんどの人は英語圏の国しか検索しないんだよ。

ベネズエラの名前が頭に浮かぶ人なんて、あまりいないよね。

しかも、選択肢を見ても、ベネズエラって下の方に表示されることが多いから、「あっビジョンが多い国だ」って気がつくこともないんだよね。

ってことは、日本人のライバルが少ないってこと。

“ベネズエラ美人※ベネズエラ人の彼女(美女)をネットで探す!”の続きを読む

ブルガリア美人※ブルガリア人の美女を落とすメール文例3つ

ブルガリア人に限った事ではないけど、メールを送る時は、相手の国の事を書くのが常識。

あと、相手が日本語を勉強中の場合、日本語を併記してあげると喜ばれることも多いかな。

ブルガリアは美人が多いよね。

でも、日本人って、英語圏の女性しか探してないから、ブルガリアは意外な穴場かもしれないね。

交流サイトで、国籍をブルガリアに選択して、絞り込む人は少ないだろうからね。

今回の例文は英語だけど、ブルガリア語がわかるなら、ブルガリア語で書いたほうがいいよ。

そのほうが、ブルガリアの事が好きだってことをアピールできるからね。

“ブルガリア美人※ブルガリア人の美女を落とすメール文例3つ”の続きを読む

イラン美人※イランの美女をネットで落とす自己紹介の文例

イランって意外に美人が多いんだよね。

ネットでもあまり、親日家のイラン人を見かけることはないよね。

でも、まったくいないわけでもない。

運がよければイラン人と交流できるかもしれない。

“イラン美人※イランの美女をネットで落とす自己紹介の文例”の続きを読む

メキシコ美人※メキシコ人の美女をネットで落とす自己紹介の文例

俺は基本的に、中南米の美女は好きなんだよね。

セクシーで元気があるイメージ。

健康的だよね。

意外に、メキシコ人で日本が好きって女性は多いんだよ。

俺も、何度かメキシコ人とメール交換をしたことがある。

メキシコの美人を目当てにペンパル掲示板に参加する人も少ないし、狙い目だと思うよ。

“メキシコ美人※メキシコ人の美女をネットで落とす自己紹介の文例”の続きを読む

ペルー美人※美女をネットで落とす自己紹介の文例

ペルー人はいいよね。

俺は、基本的に、中米と南米はオススメなんだよ。

俺自身、一時期、スペイン語を勉強してたってのもあるんだけどね。

スペイン語を勉強する人のほとんどは、スペイン人と友達になろうとするでしょ。

まぁ、スペイン人も美人が多いし、理想的ではあるんだけどね。

でも、ペルーだと、競争率が低い。

交流サイトでも、ペルー人にメールを送る日本人は少ないから、返信率が高い。

しかも、ペルーには親日家が多いんだよね。

つまり、ねらい目ってこと。

“ペルー美人※美女をネットで落とす自己紹介の文例”の続きを読む

ベルギー美人※美女をネットで落とす自己紹介の例文

ベルギーって、意外に親日家が多いよね。

ベルギー人に日本のバーでナンパされたなんて話を聞いたこともある。

意外に、親日家が多い国なのかも。

でも、日本人の男は、ベルギー人に美人が多いって、知らない人が多いよね。

これって、ねらい目ってこと。

“ベルギー美人※美女をネットで落とす自己紹介の例文”の続きを読む

ポルトガル美人※美女をネットで落とす自己紹介例文

ポルトガル語を勉強してる人って多いと思うんだけどね。

ボサノバとかもポルトガルでしょ。

そんな事を言ってる俺は、ポルトガルにもブラジルにも行ったことがないんだけどね。

でも、ポルトガルって、美人が多いらしいよ。

ネットで、ポルトガル人と交流するのも簡単だしね。

“ポルトガル美人※美女をネットで落とす自己紹介例文”の続きを読む

ドイツ美人※ドイツ美女の友達探し!

ドイツの美人を探せるサイト

最近は、日本在住の外国人が増えて、FBOMIAIのような婚活アプリに、在日外国人が参加しているから、どうしても、ペンパルサイトを使う気になれない。

日本国内の婚活アプリに登場する外国人は日本語も話せるから、気が楽なんだよね。

日本に住んでいる外国人が会話相手だと、ラインも日本語だけで会話できるしね。

外国語の勉強をする気にならない時とかは、日本国内の人をどうしても優先してしまう。

さて、ドイツ人の友達探しについてだが、意外に、親日家のドイツ人は多い。

たとえば、有名なペンパルサイト『ジャパンガイド』には、ドイツ人ユーザーが多いしね。

ただし、ジャパンガイドは写真が無いんだよね。

美人・美女探しなら、『Italki』のようなSNSでもいいかもね。

ドイツ人は色々なペンパル系のSNSに参加しているから、友達探しに苦労しないと思うよ。

ドイツ語を勉強中なら、美人狙いで攻めても、メール返信率も高いと思う。

ドイツ人の特徴

行儀が良い

親が子供に、この部屋で待っているよう指示すると、子どもは自分でイスをテレビの前に持ってきて、行儀良く座って待っています。

また、ドイツの路面電車には、犬を乗せる事も出来ます。

誰にでも吠えるようなしつけのなってない犬は、他の人から白い眼で見られます。

犬のしつけのために、ドッグスクールに飼い犬を通わせるほど、犬のしつけにも厳しい国です。

食事の行儀も、見習いたくなるほど綺麗です。

議論が大好き

ドイツ人が真面目だということは、多くの人に知られています。

彼らは、議論が大好きです。

酒の席でも、歴史の話で盛り上がったりするほどです。

活発だけど、音楽や美術が好き

ドイツの人々は、アニメやゲームで楽しむというよりも、サイクリングやドッグランで休日を楽しむ人が多いです。

また、祝日には家や別荘で、自分の作ったガラス細工や絵画をお披露目するホームパーティをよく行っています。

夜の祭りに参加した事があるのですが、そこではオーケストラを聞きながらビールやワインを飲むといったもので、日本の祭りとは異なった楽しみ方をしていました。

実は明るい

規律正しく真面目なイメージですが、彼らはとても明るいです。
割とおしゃべりの方が多いです。

自分の意見をはっきり言う

みんなで祭りに行った時、「私は人混みが嫌いなのに」とブツブツ言いながらも参加していた女性がいました。

また、みんなで出かけても「自分は○○に行きたい」と、はっきり言う人が多く、協調性もあるので、多数決を取ったりすることもありました。

衣食住では、「住」を重要視している

ドイツ人は、「住まい」に重きを置いています。

綺麗な服を着るよりも、ごちそうを食べるよりも、大きくてきれいな家に住むことが彼らのステータスだそうです。

そのため、ファッションはTシャツにジーパン、一枚着のワンピースなど、至ってシンプルな方が多いです。

食事もかなり適当で、ホームパーティをするにしても、冷蔵庫の残り物でこしらえたりと、日本の様に時間とお金をかけてのおもてなしはありません。

意外と太っている人が少ない

ドイツと言えば、ソーセージにビールといわば「太る」ものばかり摂取しているイメージがありますが、彼らはとても健康意識が高いです。

もちろん、昼間からビールを水代わりに飲む人も多いのですが、意外にも太っている人が少ないです。

男性も女性も背が高いためそう感じるのかもしれませんが、皆、健康的に程良い肉付きです。

カナダ美人※カナダ美女の友達探し

カナダ人の友達が見つかるサイト

カナダは、人気が高い留学地だよね。

日本人の女性は、カナダに行くとすぐに彼氏ができる。

別に日本人が美人だからではなく、単純に、ナンパ成功率が高いってことらしい。

別に、カナダ人を非難するつもりもないし、日本人女性を軽蔑するつもりもない。

お互い、楽しめばそれでいいと思っている。

さて、最近は、日本でも、外国人をよく見かけるようになったよね。

それに伴って、日本人向けのマッチングサイトに、外人がよく出没するようになったんだよね。たとえば、OMIAIとかね。

当然、俺も、いくつか、会員登録してチェックするようにしている。

日本に住んでる外国人だと、日本語がペラペラなんだよね。

だから、言語の事を気にしないでいいってのがいい。

 

それで、カナダ人の話だけど、、、

結構、美人が多いよね。

ついつい、ロマンスを期待してしまいそうだが、とりあえず、言語学習っていう前提だと、意外にカナダ人と交流できるサイトは多いんだよ。

InterPals』とかは、海外でも有名なペンパルサイトだから、カナダ人の美人も参加してると思うよ。

今は、世界中にジャパ専がいるからね。

まぁ、ジャパ専は少し、マニアックな人が多いけど、プロフィール写真にイラストとか載せている人と仲良くなってチャットしてみたら、美女だったみたいなこともあるんだよね。

カナダ人の特徴

障害者の態度が大きい

障害者への補償が手厚いため、バスや電車などの公共機関内でも割と傍若無人な振る舞いをする人が多い。

やってもらって当たり前。助けてくれないなんて何事だ。という意識を感じる。

貧乏人ほど子沢山

子供を産めば産むほど政府から補助がでるため、無職で子沢山という家庭を多く見かける。

アイスホッケーが大好き

アイスホッケーの日はスタジアムへ足を運ぶか、家でテレビで試合をみるか。

もし、外出したとしてもアイスホッケーの試合がみたいからテレビのあるお店が混む。

また優勝を逃すと、街で暴動が起きる。

(通り中の窓ガラスが割られ、車がひっくり返った状態になるなど、警察も出動し催涙弾が撃たれるなどの騒ぎにまで発展する。)

アメリカ嫌いが多い

アメリカに隣接しているが、ブッシュやオバマなどアメリカのときの大統領を嫌う発言をするひとが多い。

しみ、そばかす、しわが多い

カナダは日本に比べ格段に紫外線が強いにも関わらずケアする習慣がないため、かなりしみ、そばかす、しわが多い人が多い。

肌をみると、日本人との差は歴然。

ドーナッツが大好き

ティムホートンというドーナツチェーンがあり、そこのドーナツが大人気。

深夜というか24時間開いている店舗もあるため、飲んだ帰りに寄る人も多数いる。

また、それだけに留まらずスーパーでも1ダース(12個)入りの大きなパックが売っており、それを購入する家族が多い。