2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


韓国人に出会えるアプリ※twitterとカカオトークのIDに成功!

日本に住んでいる韓国人に出会えるアプリ

日本に住んでいる韓国人がよく出没するフェイスブックアプリがあります。

意外に知られてないのかもしれない。

FBOMIAIと言うアプリ。

一見、日本人向けの婚活アプリなんですが、検索機能で、国籍指定ができます。

それで、「韓国人」を選択すると、女性だけでも400人ぐらいヒットするんですよね。

これってスゴイですよね。

日本に住んでる韓国人は、意外に、日常生活では、モテないのかもしれませんね。

別に、参加している韓国人がブサイクっていう意味ではないですよ。

では、韓国旅行の際に、韓国人男性に口説かれたお話をしましょう。。。

韓国人男性との交流:twitter&カカオトーク

友達と韓国に旅行に行った時のことです。

明洞でショッピングを楽しんでいたところ、あかすり屋さんの勧誘のお兄さんに声をかけられました。

その時は普通にお店に勧誘され、お断りしました。

明洞をぐるぐる歩いているうちに何度かそのお兄さんに会ってしまい、私たちもそのお兄さんもまた会いましたねと言い合ったり、もう知り合いのような気分になっていました。

そのお兄さんは、しつこく勧誘してくるような人ではなかったし、とても流暢な日本語で話してくれるので、このお店はどうやっていけばいい?など、私たちのわがままにも付き合ってくれました。

日も暮れて、ホテルに戻ろうかと思っていたところ、またそのお兄さんに会ったので、今日はいろいろありがとうとお礼を言い、もうホテルに戻るということを告げました。

すると、連絡先を教えて欲しいと言われたのです。

観光中かなりお世話にもなったので、少し迷いましたが、連絡先は教えられないと断りました。

しかし、勧誘の時とは違い、その時はかなりしつこかったので、twitterのアカウントならいいと言い、お互いをフォローしました。

日本に帰ってからもtwitterでやりとりをしていて、ダイレクトメッセージも届くようになりました。

悪い人ではなさそうだったので、結局カカオトークのIDを交換し、連絡を取り合うようになりました。

その後の発展はありません。