LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



アメリカ人との「出会い」の場※ネット&リアル

日本人の多くは外国人っていうと、金髪の白人ばかりをイメージする。

国籍はアメリカとかイギリスとか、、、

だから、俺はあえて、海外友達募集サイトでは、英語圏を避けるんだけどね。

でも、やっぱりアメリカは人気なんだよね。

今回はアメリカ人との出会いがテーマ。

アメリカ人との出会い(ボーカルスクール編)

では、早速、本サイトに届いた体験談の紹介。

私が数年前にボーカルスクールに通っていた時に、アメリカ人の男性と出会いました。

私の通っていたボーカルスクールのオーナーはコンポーザーでもあったので、そのオーナーが作った曲を歌ってほしいと言われたためレコーディングをしました。

その時にベーシストとして参加していたのが、アメリカ人の男性でした。

彼は片言でしたが日本語がそこそこ理解できるレベルでしたので、あまり英会話が出来ない私でもコミュニケーションを取ることが出来ました。

彼と私は音楽の好みが似ていたため、彼のバンドのライブを何回も見に行きました。

そして、お互いお酒が好きだということもあって、たまに二人で飲みに行ったり、クラブに遊びに行ったりしました。

彼の家でハロウィンパーティをするということで、仮装してお邪魔したこともありました。

アメリカ人でしたが、日本人のような謙虚さがあって外国人の人と知り合うのが初めてだった私でも違和感なく仲良くすることが出来ました。

アメリカ人とネットで知り合う方法

アメリカ人とネットで知り合うのは、英語が苦手な俺にとってはかなり難しいこと。

女性だったら、中学英語系でも、男がウヨウヨよって来る。

まぁ、アホなアメリカ人も多いし、アメリカ人のフリをした他の国の人もいるけどね。

日本人がアメリカ人に弱いってことを、外人も知ってるんだよね。

 

そもそも、海外の友達募集サイトで、日本人と友達になりたがっている人は、白人より、アジア系の方が圧倒的に多いんだよね。

ただ、ジャパンガイドとかは、英語圏が主な集客先だから、白人が多めなだけ。

それで、俺なんかは、ジャパンガイドは利用しない。

 

なぜかっていえば、単純に競争率が高いし、ライバルが強敵。

 

日本人ってのは、安全ですよって評価されたサイトだけを利用する傾向がある。

だから、口コミで広がりまくってるジャパンガイドみたいなサイトは大人気。

人気が高いってことは、ライバルが多いってこと。

独りのアメリカ人に多くのメールが届いたら、当然、俺に返信が来る可能性は減るでしょ。

しかも、英語圏の場合、言語交換っていうより、英語だけでの交流を求めてる人が多いからね。

参加する日本人もバイリンガルだったりする。

そうなると俺に勝ち目はない。