LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



公園ナンパ(ベンチ・ナンパ)

ナンパ師って基本的には、暇な人を狙ってるんだよね。

暇な人がいる場所っていったら、公園なわけだけど、都内の公園って、バカみたいに広いからあまりナンパ師は歩きたがらないのかもしれないね。

ってことは、ライバルがいないからえらい目ってことなのかな。

お金がなくて暇な女性を狙う

結局のところ、ナンパ師が狙ってる女性ってのは、美人とは限らないんだよね。

それより、落としやすい女性を狙う。

落としやすい女性がどんな人なのかっていうと、彼等曰く、、、

・お金がない。

・暇。

この2点。

この二点がそろっている場所っていうと、本屋とか、カフェになる。

本屋で長時間立ち読みしている女性とか、カフェで200円のコーヒーを頼んで、1時間ぐらい時間をつぶすタイプの女性。

しかも、駅から近くて、遊び場所がたくさんあるから、ナンパ師たちは、こういった場所でお金がなくて暇な女の子を見つけて、遊びに連れていくわけだよね。

ストナンとかだと、忙しい人が多いから、LINE IDをもらって、お終いでしょ。

しかも、最近は、LINEを即行でブロック。

それに比べると、暇な人が集まる場所は、そのまま遊びに連れていける。

公園にも暇な人が集まる

結局、公園のベンチに座ってスマホとかいじっちゃっている人は、暇でお金がないって条件にピッタリと一致してるわけだよね。

だから、ナンパ師からみると、ピッタリのナンパ対象。

まぁ、いまどき、若い女の子が、公園のベンチで一人でぼけっとしてるなんてことあまりないんだろうけどね。

いや、意外にあるんだけど、狙って探せるような感じじゃないんだよね。

公園が広すぎて、時間のロスが多い。

だから、あまり、公園ナンパをする人はいないのかもしれないね。

 

公園ナンパ、失敗の実例

では、今回の体験談の紹介。

私がナンパされたのは自宅の近くの林の公園のところでナンパをされました。

今考えてもなぜそんなところでしてきたんだろうと笑ってしまいます。

私はその時自宅のスーパーに買い物をしに行こうと歩いていました。

そして、そのナンパをされた林が多い公園のところで30代くらいの男性に声をかけられました。

今、何していますか、これからどこ行くんですか、一緒にお茶でも飲みませんかと声をかけられました。

私の自宅は横浜なのですが横浜でも田舎のほうでこんな田舎でましてや林が多い公園のところで声をかけられたので驚きましたが少し笑ってしまいました。

しかし、少し怖くなったので無視して歩いてその場を去りました。

もともと男性と話すのが苦手で自分からはあまり話しかけたりしないので少し怖いなと感じました。

ナンパで声をかけてくる男性は怖い怪しいというイメージが私にはあるのですごい怖かったです。