LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



六本木※外国人が多いクラブのナンパでアイルランド系アメリカ人の彼氏ができた!

六本木って、外国人が多いバーとかクラブが多いんだよね。

毎日ナンパが繰り広げられている。

ナンパされたい人と、ナンパしたい人が集まるわけだから当然マッチング率も高いよね。

俺は思うんだけど、外国人の彼氏とか彼女が欲しいのに、ペンパルサイトを利用するってアホだよね。

長文メールを数回やってお終いってパターンが多いのにね。

彼氏や彼女が欲しければ、実際に会うのが一番。

まぁ、最近は日本の婚活サイトでも外国人が出没するけど、これは、出会うことが前提だから価値があるんだよね。

ペンパルサイトって、出会わないことが前提でしょ。。。

仲の良い友達にすらなれない。

では、体験談の紹介。

大学生の頃、アイルランド系アメリカ人の彼氏と六本木の某クラブで知り合いました。

外国人好きの友達に連れられて、都内在住の外国人が集まるというクラブに行ったのがきっかけでした。

入った瞬間、「ここは本当に日本なの?!どこか外国のリゾート地じゃないの?!」と思うくらい、もう外国人だらけで。

当時私も若かったので、友達と一緒にいるとちやほやしてもらえるし、ちょっと英語使ってコミュニケーション取れるしめちゃ楽しかったですね。

何人かにお酒をおごってもらって上機嫌でいるところに話しかけてきてくれたのが、彼でした。

たわいもない話から始まって、どこ住んでいるのってなったとき、なんと彼は六本木ヒルズに住んでいるとのこと!

ヒルズなんて雲の上の存在だったので、舞い上がってしまいました。

私はその時まだ実家暮らしで門限があったので、終電に間に合うよう12時くらいに帰ることに。

そのことが駆け引きっぽくなったようで(彼はもっと私ががっついてくると思ったようです。)、

連絡先だけでも受け取って!と彼に言われ、そのまま帰宅。

帰りの電車の中でも「逢いたい、君は魅力的だ」みたいなメールがガンガンきて。英語で返さなくてはいけないので、タイプするのが大変でした笑。

その日から毎日何十通もメールが来ましたが、簡単なメールを返すのも英語だから頭使わなくてはいけないし、日々勉強みたいでしたね。

その時の私は全く彼と付き合いたいなんてまるで思っていなくて「ああ?いい英語の勉強になるわ」くらいに考えていました。

そんなこんなしているうち、彼に押されて1度デートすることに。

そこで私の意識が変わりましたね。同年代の大学生としか付き合ったことがなかった私は、もう年上でエリート企業勤めの外国人がエスコートするデートに驚いてしまって!

気分はシンデレラでした!同じ東京でもこんな世界があるんだあ、みたいな。もう大学生の男の子なんてガキすぎて相手にできなくなってしまいました!

付き合うことになった後も、毎回ロマンティックなシチュエーションでデートしてくれて。

口下手な日本人の子と違ってめちゃ褒めてくれるし。女性として生まれたならば、一度はああいう扱いされないと人生損ですよ!

夢のような1年間を過ごしましたが、彼の会社が日本での事業を縮小したためにアメリカに帰ることに。

また会いにくるよと言ってくれましたが、そのままフェードアウトでした。

彼にとっては日本での遊びだったのかもしれませんが、私、今でも後悔はないんですよね。

むしろ平凡な大学生だった私に夢を見させてくれてありがとうって感じです。