LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



My language exchange使い方・評判※無料で中国人彼氏を作った方法

My language exchangeは昔からある言語交換系サイト。

でも、俺は利用してない。

その話はあとで書くとして、、、

中国人の彼氏とMy language exchangeで知り合った話

当サイトに届いたレポートを紹介する。

10年の付き合いになる中国人男性と知り合ったのは、My language exchangeというサイトがきっかけでした。

お互いに学びたい言語を設定して、お互いの母国語を教え合うメル友を作るサイトです。

最初はお互いのPCのアドレスで数日に一回、好きな食べ物、趣味、夢などお互いのことについてやり取りをしていましたが、時代の流れと共にツールは変わっていきました。

Twitterが流行りだした時は、中国では使用できないため中国版Twitter、微博にて、今日どこへ行った、何を食べた等の日常の他愛のないことについてやりとりを楽しみました。

LINEが人気となった今、やはり中国では使用できないため、微信という中国版LINEにて、連絡を取り合っています。

おはよう、おやすみ、今仕事終わったよ等、とても近い距離でコミュニケーションを取っているかのように錯覚します。また、このアプリでは肉声を送り合えるので、拙い英語で会話をしたり、お互いの言葉を教えあったりして楽しく交流しています。

登録無料、実際は有料?

外国の交流サイトでウザいなって思うのは、無料だって書いてあるので登録したら、メールを送るのに有料登録が必要だったってパターン。

別に、俺は無料主義ではないんだよ。

むしろ、俺みたいなオッサンは、若造が少ない有料サイトの方が効率的に外人と出会えるからラッキーだんだよね。

ただし、My language exchangeをはじめとする、言語交換サイトって、海外にいる人との交流がメインになるよね。

だったら、無料でも十分に探せる。

まぁ、裏技を駆使する元気がない中年は、有料の言語交換で、メール返信率を高めた方がいい。

 

それで、、、日本の場合、有料の場合、登録前のページでも、よく見ると料金体系が掲載されている。

特商法とかの問題なのだろう。

でも、海外の場合、登録してログインするまでわからない。

俺の記憶が確かならば、My language exchangeも、何だかややこしい仕組みで、、、無料でメール交換するのが不可能ってわけではないが、自分の方から、メールを送りまくって積極的に交流するには、有料登録が必要って仕組みだった気がする。

まぁ、俺が登録したのはもう何年も前の話だから、システムが変わってるかもしれないけどね。

それに、女性の場合、上のレポートの事例みたいに、男からメールが届くんだから、無料で十分なんじゃないかな。

 

ただし、彼氏が欲しいなら、今は、日本国内の恋愛アプリにも在日外国人がウヨウヨしてるので、何も、My language exchangeみたいに、日本在住の人が少ないサイトを利用する必要なない気がする。