LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



オランダ美人※オランダ美女と友達になれるアプリ

オランダ人って、意外に狙い目かも。

今回はオランダ人と友達になる方法を書きます。

オランダには美人が多い!

レベルが高いですね。

こんな美女と友達になれるわけがない?

いや、意外に狙い目だと思いますよ。

日本在住のオランダ人を探してみた

まずは日本に住んでいるオランダ人を探してみました。

とりあえず、外国人を探す時は、フェイスブックアプリで国籍検索します。

FBOMIAIというアプリは、日本人向けの婚活アプリですが、フェイスブックと連携していることもあり、日本在住の参加者が多いのです。

しかし、オランダ人は残念ながら、少な目。

アメリカ人とか、ブラジル人は多いんですけどね。

あとは、美人が多い韓国や台湾や中国の参加者が多い。

でも、今回のテーマのオランダ人は少ないので、オランダ人の彼女探しは難しそうです。

語学交流系のSNSでオランダ人を探す

日本国内のオランダ人女性は見つかりませんでしたが、語学交流系のSNSには、日本語を勉強中のオランダ人がウヨウヨいます。

僕が利用してるSNS(他のページに詳しく書きました)では、参加者が200人近くいる。

そもそも、この手の語学系サイトって、母国語と国名で検索しますよね。

日本人参加者の多くは英語しか話せない。

だから、母国語を英語に指定するか、英語圏の国を選択します。

その他、観光地として、有名なイタリアやフランスやドイツやスペインなどで検索する人もいるかもしれません。

英語しか話せないけど、ヨーロッパの美人と交流したいって人がメールを送るんですよね。

でも、国籍をオランダに指定して検索する人って少ないですよね。

オランダ語を指定する人も少ない。

 

つまり、美人が多いにもかかわらず、検索でヒットしない為にメールをあまり受け取っていない可能性がある。

こういった状況で、メールを送れば、返信がもらえる可能性が高いってことなんですよ。

それに、オランダ人はほとんどの人が英語を話せる。

だから、英語の勉強目的で、オランダ人と友達になるっていうのも賢い選択だと思います。

オランダ人の特徴

オランダ人は世界一背が高い

日本人男性の平均身長は171cm、女性は158cmですが、オランダ人女性の場合は171cm、男性はなんと184cmだそうです。

なぜこんなに背が高いのでしょうか。

ご自身の身長も約2mというGert Stulp博士の研究によると、オランダでは身長が高いご夫婦に多くの子供が恵まれることにより、平均身長が伸びたのではないかという考えを述べているそうです。

大まかな説明としては、博士は、オランダ北部在住の約9万5千人、1935年~67年生まれで生粋のオランダ人を対象に疫学調査を実行しました。

その結果、平均身長より高い男性と平均的な身長の女性という組み合わせのご夫婦に、全体で最も多くの子どもに恵まれていたということが分かったそうです。

平均身長より高い男性の遺伝子を持った子供がたくさん生まれるために、世代が進むにつれ男女ともに平均身長が高くなり、世界一背の高い国民となったのでしょうか。

オランダ人は話好き

電車の席で隣合った人たちは、ほとんどおしゃべりを始めるとか、カフェでコーヒーを一人で飲んでいる人を見かけると、こちらのテーブルで一緒に飲まないかと誘ってくれるとか、広場を眺めていると必ず何組かの人たちがベンチに座っておしゃべりをしているとか、とても話好きだそうです。

オランダ人は現実主義

オランダ人はよくケチと言われるそうですが、ケチというよりは現実主義の人が多く、ブランド物に興味がなく見栄っ張りでもないので、結果ケチに見えるというだけのようです。

人と比べたり服にお金をかけたり豊かさを誇ることに、意味を見出さないところも現実主義と言えるのではないでしょうか。

そして決してケチではない話として、オランダ人は募金団体によく募金しているそうです。

オランダ人は自転車好き

オランダでは、車や歩行者よりも自転車の数が圧倒的に多く、一人当たりの自転車保有台数が世界一だそうです。

自転車台を補助する企業もあり自転車通勤の人が多いオランダでは、自転車専用レーンが道路にきちんと整備されているそうです。

基本的には車道と歩道の間に自転車専用レーンが完全に分離された状態で設けられており、車や歩行者に気を遣わずに安全にサイクリングを楽しむことができるようです。

オランダ人は数カ国語を話すのが普通

オランダ人は母国語のオランダ語の他に、ほとんどの人が英語を話すことができ、かつフランス語やドイツ語など数カ国語を話せる人が多いそうです。

これはオランダの歴史的な背景や、地理的情勢から、オランダが生き残るために必要だったから身に着けた知恵と言われています。

言語としての系統が似ているので覚えやすいとか、大陸で人の交流が多く耳にしやすいなどの理由もあるでしょうが、言語が身につく一番の理由はやはり使う必要があるからだと思います。