2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


バリ島ナンパ危険地区※ジゴロ風インドネシア人男性に狙われた!

日本人を狙うバリ島のナンパ師(ジゴロ)

インドネシア・バリ島・ウブドのホームステイタイプの安宿で、その宿に勤務する微妙な男性に口説かれました。

その男性は、30代の小太りで顔立ちも平均的なバリ人と比べると悪く、全く好みではありませんでした。

その宿には他にももう一人日本人の女性が宿泊しており、彼女は長期の滞在者だったので色々と話を聞く事ができました。

 

彼女の話によると、微妙な男性は日本人を狙っているそうで、相手の都合もお構いなしに話しかけてくるという事でした。

彼女も初めの頃は、話し相手をしてあげていたそうですが、徐々にウザくなって相手をしなくなったそうです。

私は彼女のように「邪魔だからあっちへいけ」のような事を言う事ができずに話をきいてあげていました。

そうすると彼女の話の通り「俺と付き合わないか」と会って3日もしない内にしつこく言われるようになりました。

私は外国人の彼氏は募集していましたが、彼のような相手の都合を考えないような方との交際はお断りなので拒否し、宿泊予定期間はまだ残っていましたが、ウザすぎるので他の宿に移りました。

 

インドネシアのバリ島では、最低賃金は決まっていますが月給が日本円にして1万円程度の人が多く、彼もその一人でした。

私ももう一人の日本人も、彼は「日本人と付き合って月給1万円程度の極貧から抜け出すため」に日本人を狙っていると感じました。

ガイドブックにも掲載されていますが、バリではジゴロが多いので注意して下さい。

アジアのイケメンは実は狙い目

日本人の女性は、外国人というと、白人ばかりを思い浮かべるけど、実は、日本在住のアジアの男性はイケメンのエリートだったりするんですよね。

インドネシアで生活してる所得が低いナンパ師とは違い、日本語をマスターして、日本に来ることができている時点で、エリートだし、お金もたくさんある家柄だってこと。

最近は、韓国だけではなく、台湾人や中国人も人気が高いですよね。

台湾にはイケメンが多いし、中国人はお金をたくさん持ってるし。。。

フェイスブック系の婚活アプリFBOMIAIは、日本に住んでいる外国人が多く出没することで有名ですが、、、

白人だけではなく、アジア系も多いんですよね。

国籍をアジアの国々に指定して、プロフィール写真をペラペラとめくるだけでも、楽しめると思いますよ。

話は元に戻りますが、バリ島に行く時は、ジゴロに注意しましょう!

ってか、今時、「ジゴロ」なんて言葉、若い人に通じるのかな?もう、完全に死語のような気がするけど。。。