2015年3月25日 From:ペペロンチ(30代)
意外な国際交流の穴場について・・・

俺が欠かさずチェックしてるのは日本の婚活アプリ。

日本在住の外国人が多く参加してるのは以下の2つ。

ジェーピーマッチ
http://jp.match.com/HowTo/

オミアイ
http://facebook.com/omiai/

※ジェーピーマッチは人種で検索し、オミアイは国籍で検索すれば在日外国人がヒットするよ~ん。


オーストラリア人の彼氏(24才)を見つけた方法!日本語家庭教師ボランティア

今はフェイスブックで簡単に外国人彼氏が見つかるけど・・・

今は、フェイスブックがあるから、簡単に、日本に住んでる外国人の彼が見つかりますよね。

たとえば、FBOMIAIの国籍検索なんて、かなり便利。

リアルで外国人の彼氏を探すのだって、訪日外国人が多いから、六本木の『HUB』とか『MIST』辺りに行けば、外人がたくさんいて、すぐに出会える。

でも、少し前までは、外国人の彼氏を見つけるのってかなり難しかった。

そんな時代、外国人の彼氏を見つける人が多かったのが、「ボランティア」です。

英語力を活かした外国人向けの観光ガイドや、日本語教師のボランティアで、外国人の彼氏を見つけた人って多かったですよね。

オーストラリア人の彼氏を見つけた方法

大学のボランティアで、在日の外国人のお子さんに「日本語」の家庭教師をしていました。
その時担当していたのはオーストラリア人の6人家族のご家庭。

家庭教師をしていた女の子(11才)の一番上のお兄ちゃん(24才)から好意を持って貰い、お宅に行く度にデートのお誘いを受ける様になりました。

とは言っても、ボランティアで伺っていたので付き合ったりはどうかと思い、「2人じゃなく、みんなで行こう!」と遠まわしに断り続けていました。

 

しかし日本人男性とは違う押しが強くストレートな誘いに2ヵ月程で負けて、結局2人で飲みに行くことになりました。

外国の方は「なぜ2人じゃダメなの?」「どうして、好きな人がいないのに自分はだめなの?」と、とにかくストレートに聞いて来ます。

そして好意の表現も隠さない為、付き合い始める前からとても大切に接して貰う内に、気付いたら自分の方も彼を好きになっていました。

初めて2人で飲みに行った夜、お酒の力と良い意味での強引さに負けて、そのまま付き合う事になりました。

いざ付き合い始めると、それまでに以上にさらに特別に接してくれます。

外国人とのお付き合いが初めてだったので、「マイハニー」なんて自分が呼ばれる事が恥ずかしかったり、友達に紹介したがるオープンな彼に付き合わされ、毎週色々な集まりに連れて行かれました。

ストレートでオープンな彼はヤキモチも判りやすくて、「日本人は心配なのになんでそれを隠すの?」と不思議がっていました。

その為、男性メンバーがいる集まりには可能な限り一緒に付いて来るか、「危ないのに、なんで行くの?」と止められました。

彼と付き合った事で1週間の短期留学体験しかなかった私でも、卒業する時にはネイティブスピーチが出来る様になり、卒業時に先生達から褒められたのが嬉しかったです。

遠かった国の事が自分の事の様に身近に感じられ、色々な体験が出来て彼と付き合えた事で本当に幸せになれました。

ボランティアは大学卒業前に終了し、その後2年間付き合いました。

彼のご家族の帰国が決まったのをきっかけに結婚を決め、現在一男一女のパパでもあります。