LINEで交流!外国人を探せるアプリ

コチラをタップ
↓↓↓


>>> 操作方法 <<<

(検索方法を 必ずお読みください



笹塚の黒人留学生ナンパの方法※ロッテリアでチラチラ・・・

背の高い黒人に東京の笹塚のロッテリアの店内でナンパされた話です。

今から15年前に、私は東京の笹塚でアルバイトをしており、休憩時間に近くのロッテリアでお茶をしていました。

横を見ると、隣の席で何やら黒人の男性が日本人の女性と話し込んでいる様子でした。

どうやら黒人は留学生らしく、日本人女性とノートを見ながら、講義の内容について議論していました。

黒人は少しなまりがありましたが、日本語がすごく上手くて、自分はすごく勤勉で優秀なのだと思いました。

当時は東京に住んでいましたが、白人と違って、黒人はあまり見かける機会が無かったので、私もチラチラと隣の二人を見ていました。

すると、彼もこちらをチラチラ見だして、何度か目が合ったので、私は思わず微笑みました。

そうしたら、彼もこちらを見て、微笑んでくれるようになりました。

こちらは物珍しさと日本語の上手さに親近感を感じて彼を見ていましたが、どうやら自分に気があると勘違いさせてしまったようです。

それから約10分後に、黒人と一緒にいた日本人女性は用事があるようで席を立ちました。

女性が店を出たすぐ後に、彼は私に一緒にお茶をしたいと話をかけてきました。

実は私は黒人と二人で話す機会がそれまで無かったので、少し怖くなって、休憩時間が終わったフリをして席を立ちました。

そうしたら、黒人は私を追いかけて、僕は君と話したいという様な内容を英語で叫ばれました。

全く英語はわからない私ですが、強い気持ちがあると違う言語でも伝わってくると感じました。

それにしても、一緒にいた女性が居なくなった後、すぐに別の女性に声をかけてくる辺りが日本人男性とは違うと思いました。

愛知県の地下鉄ナンパ※デカい黒人にナンパされてる女を横取りする方法

背の高い黒人に愛知県の地下鉄の入口付近で口説かれた話です。

ある日の仕事帰り、いつもより時間が遅くなったこともあり急いでいました。

さらには小雨まで降り出して、寒さも感じ始め自然と早歩き気味に地下鉄の駅まで向かっている最中に他の人より頭1つ分くらい背の高い黒人の男性に話かけられました。

その男性は、彼の背の高さと強面の顔で少し後ずさりした私の腕を強引に掴んで離そうとしてくれません。

時間がないことや、急いでいることを伝えても全く聞く耳持たずで勝手に先に進もうとしています。

助けてくれそうな人はいないか、周りを見渡しても皆見て見ぬふりです。

これは困ったな…と諦めそうになったとき、大学生くらいの男の子が走りながら笑顔で手を振り、私に話しかけてきたのです。

急に現れた男の子に黒人の男性は固まったまま、私も彼とは知り合いではないので状況が分からず固まったまま、その男の子は黒人の男性を睨みつけたままという状況のなか、さすがに黒人の男性もこれには焦ったのか苦笑いを残して去っていきました。

私はこの男の子が助けてくれるために、演技をしてくれたのだと思い、お礼を伝えました。

お礼をかねて、1度ご飯に行きそこで意気投合。

何度か会ううちにお互い意識し始め、今ではいつでも私を助けてくれる彼氏になりました。

福岡※外国人に出会う目的で集まる有名なクラブ

アメリカ人に福岡の「オフブロードウェイ」というクラブで口説かれた話です。

外国人が大好きな友人に誘われ、福岡の天神にある「オフブロードウェイ」というクラブに行きました。

そこは、外国人に出会う目的で集まると有名なクラブです。

留学経験のある友人は英語もペラペラで、会話にも全く不自由せず楽しんでいましたが、私は何を言っているのかチンプンカンプンで、とりあえず外国人の多いクラブの雰囲気を楽しんでいるという感じでした。

気さくに寄って来てくれる外国人も何人かいましたが、会話も出来ない私に離れていく人がほとんどでした。

その中でも、会話も盛り上がらない私の横にずっと寄り添って居てくれたのは、背の高いアメリカ人でした。

最初は、会話も出来ない雰囲気に、気まずさで早く帰りたいと思っていましたが、話が出来なくても傍に居てくれるだけで優しさを感じ始め、外国人に惹かれる気持ちがわかったような気がしました。

連絡先を聞かれ、交換もしましたが、やっぱりその後2人で会う勇気はなく、その場限りで終わりました。

外国人目当てで集まるクラブという場所で有名なところですが、強引ではなく紳士的だった彼がとても印象的でした。

日本人と軽い気持ちで出会う場所であっても、彼のように素敵な人もいるんだなと思えた良い経験になった日でした。

スペイン女ひとり旅※ナンパ爺さんに貢がせてみた!

スペイン人にスペインの道端でナンパされた話です。

ひとり旅でスペインのコルドバという都市に行ったときのことです。

古い街並みをプラプラ歩いていると、50代くらいの男性に声を掛けられました。

その時は、ナンパというより、親切な地元のおじさん風で、わたしも旅での人とのふれあいを単純に楽しんでいました。

同じ方向を歩いていたので、おじさんもどこかへ向かう途中なのだと思っていましたが、おすすめの見晴らしのいい場所があると言われたので、ついて行きました。

そして、おじさんは街が一望できる本当に素敵な見晴らし台へ連れて行ってくれたのです。

話もはずみ、おじさんがなぜこの街にやってきたのか、今はどんな風に過ごしているのかなどを話してくれ、次第に親近感もわいてきました。

おすすめのレストランで夕食を一緒にどうかと誘われ、まだ時間も早いし、日が暮れる前なら危険もそんなにないだろうと思い、行くことにしました。

何より、このおじさんだったら食事もおごってくれるんじゃないかという期待もあり、貧乏旅行をしていた私には、美味しい食事が無料でいただけるチャンスでもありました。

そのレストランも、外のテラス席から石造りの街並みが見渡せる、とても素敵な場所でした。

そのおじさんは、その街でレストランを経営しているらしく、そのときの料理もひとつひとつ説明してくれ、普通の料理もなんだか特別なものに感じました。

ですが、その後、話は徐々に怪しい方向へ。

この後のわたしのひとり旅におじさんも同行したいと言い出したのです。

なんでも、バケーションでちょうど時間もあるし、南フランスにいいビーチがあるので、一人で行くのは寂しいし、一緒に行こうと言うのです。

1日限りのちょっとした地元の人とのふれあいなら素敵な思い出ですが、せっかくのわたしのひとり旅におじさんがくっついてくるのはまっぴらごめんです。

相手の気を悪くさせないように、やんわりやんわりどうにか断り、おじさんはしつこかったものの、なんとかあきらめてくれました。

次第に怖くなってきたし、日も暮れてきたので帰らなければいけないことをおじさんに伝えると、最後に大聖堂のライトアップが一番きれいに見えるところをぜひ案内したいと言い出しました。

そこはなかなかおじさんが譲ってくれなかったので、しかたなくついて行くことにしました。

おじさんは、あるアパートメントの前で止まると、自分の部屋からが一番きれいに見えると言うのです。

やばい!と思い、急に腰が痛くなってもう帰らなきゃ!という変な言い訳をしてダッシュで逃げました。

3回もおじさんについて行ってしまい、後から思い返してもなかなか危険な行為だったなぁとヒヤヒヤしたものです。

やはり知らないおじさんにはついていっちゃダメですね。

パキスタン人男性の彼氏と恋愛したい?新宿西口でアイスを食べるだけ!

パキスタン人に新宿の西口でナンパされた話です。

平日の昼間に男友達と新宿西口で待ち合わせをし待っていたら、パキスタン人に一緒アイス食べないかと誘われました。

たまたま携帯の充電が切れてたのでそこから移動する事も出来ずどぉしようかと困りましたが、友達と待ち合わせしてる旨伝えて丁重に断わりました。

するとすぐパキスタン人はどこかに行ってしまったので安心して友達を待っていたのですが、なんと!そのパキスタン人はアイスを2つ買って戻ってきたのです。

差し出されたまま受け取ってもらえず所在を無くしどんどん溶けていくアイス。

え?どぉしたら良いの?どぉする?はぁマジか?と超パニクりましたが、なんだか申し訳なくなって差し出されたアイスを受け取り2人でニコニコしながら食べました。

どこの国の人ですか?パキスタンですよ!いくつですか?26歳です!などと2人で仲良く並んでアイスを食べてた所に男友達が小走りで到着。

ビックリ顔で開口一番「え?お前なにやってんの?」と爆笑されました。

なんかアイス買ってくれたーと報告してたら、パキスタン人は楽しかったーまたねーと手を振りながら去っていきました。

すごく優しくて良いパキスタン人でしたが、何がしたかったのでしょうか笑

福岡、外国人にナンパされたクラブ※韓国人がエロ満開!

韓国人に福岡の「キャッツ」というクラブでナンパされた話です。

友達とクラブにいこうと飲み屋街から歩いていた時、韓国人男性2人にわたしたちが行こうとしていた場所とは別のクラブの場所を聞かれ、道を案内しました。

その時にわたしたちはどこに行くのか聞かれ、別のクラブに行くのだと答えました。

すると自分たちもそこに行きたいといい始めましたが、残念ながらそこはセキュリティーが厳しくパスポートがなければ入れないと伝えると、パスポートはその時持っていなかったらしく、残念そうにしていました。

道案内をするときに英語も日本語もあまり理解していなかったので、ラインの翻訳機能を使うためにラインを交換し、道を案内してそのまま別れました。

その後、わたしたちは目的のクラブであった「キャッツ」につき、楽しんでいました。

その間にさっき道を案内した韓国人の方から何度かラインでのメッセージや電話がきていましたが、もう会うことはないだろうと無視していました。

それからしばらくしてから、ふいに肩を叩かれたので振り返ると、そこにはさっき道案内をした韓国人の方たちがいました。

ジャスチャーでラインを見てほしいということを伝えられ、見てみると、君に会いたくてここまできたよ、今から遊ぼう、という内容のものでした。

ここに来るためにわざわざホテルに戻り、パスポートをとってきたようでした。

その日は特に決まった予定はなかったのですが、お互い英語があまり話せなかったのと、ある程度酔っぱらっていたので、このまま一緒に行くともしかしたら危ない目にあうかもと思い、断りました。

すると、今日がだめなら明日でもいいので、福岡のいろいろなところを案内してほしい、と言われました。

次の日は予定があったので断らせていたただき、彼らはそのままクラブを出ていったようでしたが、次の日も朝から何度もラインでメッセージや電話がきました。

韓国人の方と今までがっつり話したりする機会がなかったので、日本人と違い韓国人はハートが強く、押しも強い肉食男子だなぁと感じました。

日本人も少しは見習ってほしいなと思います。

トルコ人の男性と付き合う方法※福岡県の地下街で彼氏をゲット!

出会ったのは地下街で、お互いイベントでの出店がきっかけでした。

私は地下からイベント会場の1Fに荷物を運ばないといけなかったのですが、ちょうどエレベーターに荷物を乗せようとしていた際に荷物を積んだ台車の車輪がエレベーターのドアに挟まってしまい動けなくなっていたところに彼がやってきました。

“トルコ人の男性と付き合う方法※福岡県の地下街で彼氏をゲット!”の続きを読む

東京の三田駅のパブでフランス人留学生にナンパされてみた!

東京の三田駅の近くのパブでフランス人にナンパされたときのお話です。

私は女性の友達と二人でお酒を飲みながらフランスに旅行についての計画を立てていました。

すると隣の席に座っていた外国人の二人がちらちらとこちらを見てきているのに気がつきました。

そんなに嫌な感じでもなかったので私達はその二人を気に留めないようにしていました。

そのうちに男性二人は「君たちフランスに旅行するの?僕たちフランス人だよ。」と、カタコトの日本語で話しかけてきました。

どうやら私達ふたりは少し酔っていたので声が少し大きくなっていたようです。

フランスに旅行に行くので何か有益な情報がもらえるかも!と思った私達は二人と会話を続けてみることにしました。

日本語があまり上手ではなかったのでフランス語英語まじりで会話をしてみてわかったことは、彼らは一年間の交換留学で来ている大学生だということでした。

誰に習ったのかわかりませんが、しきりに、「フランス語で乾杯ってなんて言うと思う?」と聞いてきました。

私達はフランス語の乾杯は日本では淫語になることを知っていたのでそれを言わせようとするすけべな男の子達に少し嫌気がさしたので、夜の8時でしたが、「終電だから帰るね」といって店を後にしました。

韓国人経営の寿司バーのアルバイト(ロサンゼルス留学)※エロいメキシコ人にナンパされてみた!

アメリカのロサンゼルスに留学していた時に働いていた寿司バーで、メキシコ人にナンパされた話しです。

“韓国人経営の寿司バーのアルバイト(ロサンゼルス留学)※エロいメキシコ人にナンパされてみた!”の続きを読む